活動内容-学会発表の紹介

著 者 和 文 タ イ ト ル 英 文 タ イ ト ル 雑誌名 Proceeding名
髙岡慈顕,棟近雅彦, 梶原千里 2015年11月 製品導入による看護の質変化の評価方法に関する研究 JSQC第45回年年次大会
大西健太,棟近雅彦, 梶原千里 2015年11月 看護師のリーダー業務の評価方法に関する研究 JSQC第45回年年次大会
島田裕大,棟近雅彦, 梶原千里 2015年11月 医療機器のアラーム対応回数低減に関する研究 JSQC第45回年年次大会
蓮井涼祐,棟近雅彦, 梶原千里 2015年11月 POAMを用いた与薬事故の系統的分析方法の提案 JSQC第45回年年次大会
Jiken TAKAOKA, Masahiko Munechika, Chisato Kajihara 2015年9月 Method for Evaluating Changes in Quality of Nursing due to Introduction of Products ANQ Congress 2015,Taipei
Kenta ONISHI, Masahiko Munechika, Chisato Kajihara 2015年9月 Methods for Evaluating the Actions of Leader Nurses ANQ Congress 2015,Taipei
Yuta SHIMADA, Masahiko Munechika, Chisato Kajihara 2015年9月 A Study on the Reduction of Unnecessary Alarms of Medical Monitors ANQ Congress 2015,Taipei
Ryosuke HASUI, Masahiko Munechika, Chisato Kajihara 2015年9月 A Study on a Method for Analyzing Medication Incidents ANQ Congress 2015,Taipei
後藤健之,棟近雅彦,梶原千里 2014年11月 医療安全教育における教育効果測定方法に関する研究 JSQC第44回年年次大会
杉崎哲平,棟近雅彦,梶原千里 2014年11月 看護業務における教育ツールの作成方法に関する研究 JSQC第44回年年次大会
吉橋翔太朗,棟近 雅彦,梶原千里 2014年11月 看護業務における業務予測方法の設計に関する研究 JSQC第44回年年次大会
梶原 千里,棟近 雅彦,佐野 雅隆,坂田 一美 2014年11月 新入職員に対する医療の質・安全教育の標準カリキュラムの検討 第9回医療の質・安全学会学術集会
Chisato Kajihara, Masahiko Munechika, Masataka Sano, Haizhe Jin 2014年9月 Incident Analysis Method Considering Differences between Hospital-prescribed medicines and Patient-Provided Medicines 17th QMOD-ICQSS Conference , 2014 , Prague, Czech Republic
Takeyuki Goto, Masahiko Munechika, Chisato Kajihara 2014年8月 A Study on the Measurement Method of Effect for Healthcare-Safety-Education ANQ Congress 2014,Singapre
Kenta Onishi, Masahiko Munechika, Chisato Kajihara 2014年8月 A Method for Evaluating Nurses' Actions Using a Daily Action Plan ANQ Congress 2014,Singapre
Yuta Shimada, Masahiko Munechika, Chisato Kajihara 2014年8月 Adaptation of the Process Flow Chart for Use in Medical Enterprises ANQ Congress 2014,Singapre
Ryosuke Hasui, Masahiko Munechika, Chisato Kajihara 2014年8月 A Proposed Method to Identify Medication Incident Process Factors ANQ Congress 2014,Singapre
下野僚子,水流聡子,飯塚悦功 2014年1月 質保証を実現する手術プロセスを構成する標準モジュール導出モデルの構築 A Model for Deriving a set of Standard Process Mocdules aiming for Quality Assurance of Surgery Process 日本品質管理学会第44回年次大会研究発表要旨集72-82
田中宏明,金子雅明,佐野雅隆,香西瑞穂,棟近雅彦 2013年12月 病院機能評価とQMS-Hモデルを活用した質マネジメントシステムに関する研究 医療の質・安全学会誌. 8,[4],324-335
金海哲,棟近雅彦,佐野雅隆,金子雅明 2013年7月 与薬事故に対するエラープルーフ化に関する研究ー改善対象要素に着目した対策立案方法の提案ー 日本品質管理学会第43回年次大会研究発表要旨集110-124
Masataka Sano, Masahiko Munechika, Haizhe Jin, Chisato Kajihara, Chikuma Hamada 2013年6月 Analysis of Medication Incident for Improvement of Medication Process Total Quality Management & Business Excellence
Masaaki Kaneko, Masahiko Munechika 2013年4月 Development of a Method to Establish a Standardized Process Model for the Provision of Healthcare Service The Asian Journal on Quality 2013, Vol.14, No.1 77-93.
金海哲,棟近雅彦,佐野雅隆,金子雅明 2013年1月 標準作業方法の不遵守に起因する与薬事故の分析・対策立案方法に関する研究 日本品質管理学会第43回年次大会研究発表要旨集133-142
Haizhe Jin, Masahiko Munechika, Masataka Sano and Chisato Kajihara 2012年12月 Four steps to reduce medical incidents International Journal of Quality and Service Sciences Vol. 4 No. 4 399-407
Masaaki Kaneko, M.Munechika 2012年11月 Extraction procedure of competitive advantage factors in a target business area for conducting self-assessment and re-design of quality management system Asia Journal on Quality Vol.13 No.1 53-66.
梶原千里,棟近雅彦,金子雅明,佐野雅隆 2012年4月 医療安全教育項目一覧表の提案 日本品質管理学会第42回年次大会研究発表要旨集106-117
斎藤 忠,丸山律夫,飯塚悦功,棟近雅彦.金子雅明 2011年10月 持続可能な成長のためのQMS構築の方法論 日本品質管理学会第41回年次大会研究発表要旨集209-212
Munechika M.,Tsuru S., Iizuka Y. 2011年9月 Scheme for Health Care QMS and its Implementation as a Socio-technology-QMS-H Model 55th EOQ Congress ,Budapest
梶原千里,棟近雅彦,金子雅明,佐野雅隆 2011年7月 与薬事故における危険予知トレーニングシートの作成方法の提案 日本品質管理学会第41回年次大会研究発表要旨集,77-86
Munechika,M.,Tsuru S., Iizuka Y. 2010年10月 Structured Model for Healthcare Job Processes:QMS-H 54rd EOQ Congress ,Turkey
棟近雅彦,水流聡子 2010年8月 医療の質マネジメントシステムの導入・推進の実績に学ぶーその効果と看護管理者の役割ー 14JANAP 第14回日本看護管理学会年次大会 講演抄録集
佐野雅隆,棟近雅彦,金子雅明 2010年4月 作業要素を用いた業務の記述方法に基づく与薬事故の傾向分析手法の提案 日本品質管理学会第40回年次大会研究発表要旨集,45-54
金子雅明,棟近雅彦,飯塚悦功,水流聡子 2009年10月 医療の質と安全を保証する質マネジメントシステムモデル構築に関する研究 日本品質管理学会第39回年次大会研究発表要旨集,195-198
佐野雅隆,棟近雅彦,金子雅明 2009年4月 業務プロセスに着目した与薬事故分析手法の提案 A Process Oriented Analysis Method for Medication Incidents 日本品質管理学会第39回年次大会研究発表要旨集,98-106
金子雅明,塩飽哲生,棟近雅彦,飯塚悦功,水流聡子 2008年7月 病院へのQMS導入・推進における阻害要因克服方法の導出手順の提案 A Extraction Procedure for Measures of Overcoming the Difficulties in Introducing and Promoting a Quality Management System in a Hospital 品質,38,[3],65-86
金子雅明,塩飽哲生,棟近雅彦,水流聡子,飯塚悦功 2007年10月 A病院におけるQMS導入・推進の困難モデル A structured Model of Difficalties in Implementing and Promoting QMS in Hospital A 日本品質管理学会第37回年次大会研究発表要旨集,72-87
塩飽哲生,金子雅明,飯塚悦功,水流聡子,棟近雅彦 2006年10月 病院におけるQMS活動の評価方法に関する研究 A study about evaluation method of QMS activity in a hospital 日本品質管理学会第36回年次大会研究発表要旨集,115-118
M.Kaneko and M.Munechika 2006年9月 Guidelines for Promoting QMS in Hospitals,Focusing on the Difficulties in Understanding and Implementing TQM Principles CD-ROMof The 4th ANQ Congress 2006 Singapore
金子雅明,塩飽哲生,棟近雅彦,飯塚悦功,水流聡子 2006年5月 病院へのQMS導入・推進における阻害要因克服方法の提案 日本品質管理学会第80回研究発表要旨集,55-58
塩飽哲生,金子雅明,飯塚悦功,水流聡子,棟近雅彦 2006年5月 病院におけるQMS導入・推進過程の問題評価モデル 日本品質管理学会第80回研究発表要旨集,59-62
塩飽哲生,金子雅明,水流聡子,永井庸次,飯塚悦功,棟近雅彦 2004年5月 医療へのQMS導入過程の設計ー病院・医療者特性の抽出ー 日本品質管理学会第74回研究発表要旨集,81-84
塩飽哲生,金子雅明,水流聡子,永井庸次,飯塚悦功,棟近雅彦 2004年5月 医療へのQMS導入過程の設計ー医療の質保証に重要な概念の理解度の把握ー 日本品質管理学会第74回研究発表要旨集,85-88
ページのトップへ戻る